環境問題と資源

人口は増え、資源消費の速さは加速して、有害な廃棄物は自然界に溜まるパターンにおいて成長し続ければ、地球上の生命の存在それ自体に多大な脅威を及ぼすでしょう。 大気汚染の一つの要因にされる物質が二酸化窒素ですが、ボイラーや自動車等の排気ガスをもとに出るものです。二酸化窒素というものは酸性雨を引き起こす元凶です。 電化製品に自動車、エアコン他、近年では当たり前な物として利用するという方が沢山います。しかしこれも資源を活用して作ったものなのです。 環境問題の代表は、現代の経済社会としての活動が[大量生産-大量消費-大量廃棄型]という性質を持つという理由で、害のある廃棄物の移動という地球全体としての問題があちこちで起こってきている。 自動車や電化製品、エアコンそのほか、現代では生活必需品として使うといった人が多くいますよね。けれどもこれも資源を使うことで作った物だと言うことができます。